本文へスキップ

地域の共有の山について考える 中日本入会林野研究会

○○○○○○○○○○○○○○○中日本入会林野研究会

中日本入会林野研究会(なかにほん いりあい りんや けんきゅうかい)のホームページへようこそ。
入会林野(地域の共有の山林・草原)に関する情報をお知らせしています。

本会の概要:

 本会は、入会林野の法律・経営問題や入会林野整備後における管理・経営問題などに関する理論的実践的研究を進めることを目的に、近畿・中部地方の研究者・実務家などを中心に1979年8月に結成された研究団体です。 本会は、結成以来毎年1回研究会大会を開催してきました。近年の大会開催地は、次の通りです。

第35回大会(2014年8月) 長野県下諏訪町
第36回大会(2015年8月) 和歌山県高野町
第37回大会(2016年8月) 福井県勝山市
第38回大会(2017年9月) 京都府京都市
第39回大会(2018年9月) 三重県津市
第40回大会(2019年8月) 富山県富山市
第41回大会(2020年)   滋賀県(新型コロナウイルスの関係で中止。2021年に開催予定。)
第1回オンライン研究会(2020年8月29日)内容については、以下の「お知らせ」をご覧ください。
 
 また、研究会大会の成果を中心に、『中日本入会林野研究会会報』(1979年度〜2009年度)・『入会林野研究』(2010年度〜現在)を刊行して来ました。

 入会林野は、現在、その法律・経営面では多くの困難な課題に直面していますが、他方で里山としての役割という環境問題の観点から新たな関心が寄せられるようになっています。

  入会林野に関する法律・経営問題に関心のある方はもちろん、里山としての入会林野に関心のある研究者・実務家・実践家などの皆さんの御入会を歓迎いたします。

中日本入会林野研究会代表委員
青嶋 敏

お知らせtopics



J-STAGEでの機関誌の公開について


この度、J-STAGEにて、 31〜41号基調報告・コメント原稿・投稿原稿を公開しました。

最新号(第41号)の機関誌について


機関誌の紹介を更新しました。
 

第1回オンライン研究会について


2020年8月29日(土)、「基礎から説き起こす『入会と登記』問題の現局面─表題部所有者不明土地の登記及び管理の適正化法の施行を受けて─」をテーマとして、第1回オンライン研究会を開催しました。オンライン研究会プログラム

新着情報news

2021年4月9日  
最新号(第41号)の機関誌の目次を掲載しました。
2020年8月22日  
オンライン研究会プログラム(8/29)を掲載しました。
2020年6月6日
研究会プロフィールを改訂しました。  
2020年6月6日
『入会林野研究』第41号の投稿原稿の募集についてを掲載しました。  
2020年5月6日
J-STAGEでの新規公開(39号基調報告、40号基調報告、40号投稿論文)のお知らせ。
2020年4月14日
最新号(第40号)の機関誌の目次を掲載しました。

中日本入会林野研究会

〒606-8502
京都市左京区北白川追分町
京都大学農学研究科
森林科学専攻内
中日本入会林野研究会事務局
松下幸司
電子メール
info_at_common-forest.jp
(_at_を@に変換してください)
ファックス075-753-6300